ベーシックインカムでブラック企業を駆逐する

こんにちは薬剤師の赤羽です。ベーシックインカムが話題になっています。みなさんはこの新しい社会保障の仕組みをどう思いますか?私は導入に賛成です。それは社会保障というよりも、ブラック企業やブルシットジョブを駆逐し、環境を守るためです。
ちなみにベーシックインカムとは無条件で月に10万円くらい支給されるという社会保障のやりかたです。生活保護は貰うのに条件がありますが、ベーシックインカムは無条件であることが大きな違いです。

経営者が恐れるベーシックインカム

経営者はベーシックインカム導入を恐れていると思います。特にブラック企業やブルシットジョブを強要している企業は恐れていることでしょう。ちなみにブルシットジョブは日本語だと「クソどうでもいい仕事」になります。例えばテレアポ、受付嬢、マンション押し売りなどです。このような職種についている方は、生活のために仕方なくやっている方が多いと思います。ベーシックインカムが貰えるなら速攻で退職するはずです。

ブラック企業が潰れるとどうなるか?

ブラック企業が潰れるとすごくいいことがあります。それは、解放された社員たちが自分の好きなこと、社会の役に立つことをするようになることです。人から嫌われたり、歪みあったりしながら仕事をするよりも何倍も気持ちがいいことです。農業、漁業、介護や医療は特に人材不足が予想されます。そういった分野に人材が流入すればとても素晴らしいことです。そして、無駄な製品やサービスを作ることに資源を無駄遣いしなくて良くなるので人材の有効活用、省エネ、環境保護につながります。まさにSDGs(2)ですね!

国民の幸福な生活のために

ベーシックインカムを導入する本来の目的は、次世代の社会保障です。しかし、その効果としてブラック企業の撲滅、人材の有効活用、省エネ、環境保護につながるという素晴らしい仕組みだと思います。

参考

1)ブルシットジョブ Wikipedia
2)SDGs Wikipedia