はちみつ と 咳

こんにちは、薬剤師の赤羽です。今回は、はちみつと咳の関係についてお話ししたいと思います。

「はちみつ」の画像検索結果

はちみつにはなんとなく喉に良いイメージがあります。実際、どの程度の効果が期待できるのでしょうか?結論として、はちみつにはかなり強力な鎮咳作用が期待できます。なんと、皆さんがお医者さんでもらう咳止めと同レベルです。
実際のデータで確認してみましょう。
以下のデータは「はちみつ:honey」「咳止め薬:DM」「にせの薬:No Treatment」で効果を比較したものです。
初日は何もせず、2日目に上記3成分を投与しました。グラフの縦軸は咳のひどさを示しています。
3成分とも咳の程度を改善していますが特にはちみつと咳止め薬の効果が高いことがわかります。

はちみつと咳止め薬の効果に遜色がないことがわかりますね。
※はちみつの部分に赤丸を付けました。
左の棒グラフが咳の程度
右の棒グラフが睡眠改善の程度
1) Arch Pediatr Adolesc Med. 2007;161(12):1140-1146. doi:10.1001/archpedi.161.12.1140
ほかにも様々な研究ではちみつの咳止め効果が立証されています。その一部を紹介いたします。
2) Effect of honey on nocturnal cough and sleep quality: a double-blind, randomized, placebo-controlled study.
3) Honey for acute cough in children.
4) Coffee plus honey” versus “topical steroid” in the treatment of chemotherapy-induced oral mucositis: a randomised controlled trial.
では実際にどのような方法ではちみつを服用するのがよいのでしょうか?4)の参考文献で強力な鎮咳効果を示した服用方法をいかに記します。ご参照ください。
※4)の文献の結果ではステロイドに勝る鎮咳効果を示してます。

【大人の場合】

はちみつ20g(大さじ一杯)+インスタントコーヒー3g+お湯200mlを8時間ごとに服用
※参考までに文献1)で行われた服用方法を記載します。

【子供の場合】

はちみつスプーン一杯を寝る前に飲みましょう。牛乳やお湯に溶かすと飲みやすくなります。
なお、1歳以下の子供はボツリヌス感染リスクがあるため、はちみつは服用しないでください。今回の記事は以下の成書を参考に記載いたしました。※咳のみかた考え方 倉原優