ハラスメントはどこまで追求するのか?

こんにちは薬剤師の赤羽です。最近はハラスメントに対する見方が厳しくなり働きやすい環境が整備されつつあります。ハラスメントはいろいろありますが今回はセクハラについて考えてみたいと思います。セクハラを突き詰めていくと完全公平世界が見えてきます。完全公平世界は果たして理想的な社会でしょうか?

イケメンと汚いおじさん

職場でジャニーズのようなイケメンから「今日もかわいいね!」と言われれば女性は悪い気はしないと思います。しかし、汚らしいおじさんから同じことを言われた場合は「セクハラ」になります。これは不公平な気がします。

一方、すべての男性(どんなにかっこよくてお金持ちでも)から女性への「今日もかわいいね!」という発言をセクハラとして厳罰に処すれば公平です。

つまり、誰もが安心して暮らせる公平で平等な社会を築くためにはすべての男性からの「今日もかわいいね!」という発言を厳罰に処すひつようがあります!

こんな社会はよい社会でしょうか?

参考

これからの「正義」の話をしよう(マイケルサンデル)早川書房