孤立、孤独と資本主義の密接な関係

こんにちは薬剤師の赤羽です。今回は社会問題になっている孤立・孤独の背景にある資本主義について考えてみたいと思います。

一人ぼっちのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

資本主義と孤独の関係

資本主義のせいで孤立が増加しているという見解があります。皆さんはどう思いますか?なぜ資本主義が孤立を生むのでしょうか?それは「絆の分断」がお金になるからです(1)。具体的な事例で考えてみましょう。例えば、親子が一緒に暮らしているのと、離れて別々に暮らしているのではどっちの方が儲かるでしょうか?それは離れて別々に暮らしている方です。なぜかというと、住居、食料、燃料、車などを共有できなくなるからです。また、全ては「自己責任」というのも資本主義の思想の一部です。「自己責任」という考え方が浸透することによって、誰にも助けを求められなくなります。そうすればお金で解決するしかないですね。資本主義の思う壺で、これも孤立を助長しています。「自由」「自己責任」という言葉をきいて皆さんは正義だと思いますよね?その考え方が孤立を招いているのです。

孤立する世界

資本主義は色々なものをお金に変えてきました。特に、みんなで守らなければいけない大切な共有資源を犠牲にしています。それは「森林資源」、「海洋資源」、「自然環境」などです(2)。それと同じように資本主義がお金に変えてしまった共有資源に「人の絆」があるのではないでしょうか?これからの高齢化社会にむけてみんなが健康でいられるようにするためには「人の絆」を取り戻していく必要があると思います。

参考文献

1)現代経済学の直感的方法(講談社)長沼伸一郎 p379 縮退の過程で金銭的富が生まれる
2)社会的共通資本(岩波新書)宇沢弘文 p2 ゆたかな社会とは何か?