Amazonに日本の調剤薬局は駆逐されるのか?

こんにちは薬剤師の赤羽です。病院やクリニックに行くと近くに薬局があります。みなさんは便利だからそこに行くことが多いと思います。でも、もしAmazonで処方箋調剤ができるとしたらどうしますか?

規制緩和が進んでいる

現時点で処方箋は紙で発行されています。みなさんは処方箋を好きな薬局に持ちこんで調剤してもらっていると思います。その際に薬局を選ぶ基準は「立地」ですよね? 医療機関の近くにあるか、それとも自分の家の近くのどちらかを選ぶことが多いと思います。

現在、調剤に関する規制がどんどん緩和されています。処方箋は紙がなくなり電子化されます。すでに、服薬指導はオンライで可能です。薬の受け取りも当日中、遅くても翌日までには可能です。規制緩和が進めば調剤薬局を選ぶ基準は「デジタル対応の良さ」になると思います。

二極化する日本の薬局

調剤に関する規制が緩和し、デジタル化が進んだ結果、日本の薬局は二極化すると思います。Amazonなどの巨大テック企業による大規模薬局グループと、柔軟な対応が可能な地域の小規模薬局です。中途半端な規模の調剤薬局グループや病院の門前薬局は大幅にその数を減らすでしょう。