お薬手帳は電子版がおすすめ!

こんにちは。薬剤師の赤羽です。
今回は、お薬手帳についてです。

お薬手帳を持ち歩くことが難しい人達

最近はお薬手帳がとても普及してきました。平成28年時点での普及率は55%(1)です。ちなみに普及率には年齢ごとに大きなばらつきがありました。下表をご参照ください。

小児と高齢者ではお薬手帳が普及していますが、20代ー50代ではあまり普及していない印象ですね。この結果は当然だとおもいます。なぜなら、若い人はめったに医療機関を受診しないからです。定期的に受診している方でも薬の種類が少ないため、手帳は不要に感じるようです。特に男性は手帳を持ち歩くことを忌み嫌っているように感じます。薬局で「お薬手帳はありますか?」と聞かれるのに怒りを感じているではないでしょうか?

お薬手帳の役割は?

若い世代の人にも、中年男性にもお薬手帳は必要です!なぜなら、お薬手帳は健康を守るお守りだからです。手帳から得られる情報が生死を分ける場合もあります。いつ何があるかわからないので手帳はいつも持ち歩くべきです!持ち歩くのが面倒なお薬手帳ですが、それを解決する画期的なお薬手帳があります。

すごいぞ!電子お薬手帳

スマートフォンをお持ちの方は「電子お薬手帳」を検索してください!アプリが複数見つかるはずです。気に入ったものをすぐにダウンロードしてください!お薬手帳を持ち歩くのは大変ですが、スマートフォンを持ち歩くのは簡単ですよね?一度、アプリをダウンロードしてしまえばもうおしまいです。あとは行きつけの薬局で紙のお薬手帳の代わりに、スマートフォンを提示しましょう!

参考資料

平成28年社会医療診療行為別統計 報告書1 診療行為・調剤行為の状況 薬局調剤